大学で彼氏できないなら、出会い系アプリを使えば男性から一気にモテますよ!いいね200超え!

大学で彼氏できないなら、出会い系アプリを使えば男性から一気にモテますよ!いいね200超え!

大学で彼氏できないなら、出会い系アプリを使えば男性から一気にモテますよ!いいね200超え!

  • 大学生になったのに彼氏ができない。
  • サークルに入ったのに彼氏ができない。
  • サークルに入っていないから彼氏ができない。
  • 女子大だから彼氏ができない。
  • そもそも男の子とどうやって出会えばいいかわからない。
  • 出会いがまったくない彼氏できない。

という女子大学生へ。

すみません、これを書いている僕は男性なので、男性の文章は読みたくないという方はご退室ください。

退室用リンク

ぼくは塾講師をやっていて、卒業生に相談を受けたんです。

大学生になったのに、彼氏ができないと。

思っていたキャンパスライフと違うと。

その子(園子じゃないですよ?でも、せっかくなので「園子」としておきましょうか)は、そもそも女子校出身で、これまで一度も彼氏がいたことがない子でした。

中学2年生の終わり頃に塾に来て、大学受験で合格するまでずっと園子を見させていただいたんですね。

で、卒業と同時に園子とラインをするようになって、彼氏ができないという相談も受けるようなったんです。

そこで、考えてみた。

もし、自分が女子大生で彼氏ができなかったらどういう行動をとるだろうか。

男なりに考えてみました。

まず思いついたのがバイト先の出会い。

実際僕は学生時代バイト先の女子とお付き合いしましたし。

だから、もし僕が園子なら、バイト先の男性とお付き合いする。

園子はショッピングモール内のタピオカ屋でもアルバイトをしています。

タピオカ沖縄

今第三次タピオカブーム真っ最中じゃないですか、お客さんの数がとんでもないことになっているらしいです。

「バイト先(タピオカ屋)で出会いないの?」と聞いたら、忙しすぎてそれどころじゃないし、95%が男とのこと。

バイト先の男性と出会う、即却下。

他に自分が女子大生で男性と知り合うとしたら…。

「大学生出会う方法」「大学出会い」とかいろいろ調べていきました笑

女学生が男性と出会う方法って実は意外とたくさんありました。

ざっと20通りあります。

女子大学生が男性と出会う方法

女子大学生が男性と出会う方法はざっと20通りありました。

  1. ナンパされる
  2. 知り合いに紹介してもらう
  3. 連絡先がわかる男性と連絡を取る
  4. お見合いする
  5. 同窓会に出る
  6. 合コン・街コンに参加する
  7. 婚活パーティに参加する
  8. 学校外のサークルに入る
  9. 出会うために男性がいるバイト先を探す
  10. 出会うためにスクールに通う
  11. 出会うために習い事をする
  12. バーや居酒屋で知り合う
  13. クラブやライブに行く
  14. 結婚式・二次会で知り合う
  15. 飲み会で意気投合する
  16. 出会うためにボランティアする
  17. 異業種交流会に出席してみる
  18. 結婚相談所に相談する
  19. 旅先で知り合う
  20. スマホを使って出会う

学校以外でも男性と知り合う方法は意外とありますよね。

でも、ちょっと現実的じゃないなと思う出会い方もありますし。

男性と出会う方法の中で、誰でも今すぐ簡単に始められるのが、スマホを使って出会うという方法でした。

「スマホを使って出会う方法って何なの?」

マッチングアプリや出会いアプリを使うという方法ですね。

マッチングアプリといっても200くらいあって、ダメなアプリもあれば良いアプリもあるみたいで、200から徹底的に厳選して園子に良さそうなのを奨めてみたんです。

男性は有料だけど、園子は女で無料だから使ってみれば、と。

それで園子が使ってみたら、いいねの数が200超えたと、めちゃくちゃ喜んでいて。

受験に受かったときより喜んでいたんじゃないですかね汗

※「200いいね超えた」というのはアプリの中で(園子が)人気上位35%くらいに入ったということです。100いいね前後の女性が多く、100より多い「いいね」をもらったから、園子が喜んでいたというわけです。

イケメンばっか!

と大はしゃぎしていましたよ笑

実際、園子のことを本気で好きだという彼氏もできてさらに大喜び。

幸せそうな2人

大学彼氏できない女性に彼氏できた

顔出しNGとのことなので、モザイクかけました。

園子だけでなく、スマホの普及で手軽に誰でも簡単に異性と出会えるってすごい時代ですよね。

園子のすごいところは、すぐに行動を起こすところ。

「悩む暇があったら、行動する」の精神?で、とにかく動く。

「タピオカ屋でバイトしようかな?」

と言った翌週には園子さん、タピオカ屋の店員になっていましたからね汗

行動する人は結果を出すのも早いですね。

悩む時間も時には必要ですが、行動しない時間って後から考えると本当にムダなんですよね…。

僕も行動する前にあれこれ悩んで考えてなかなか動けないこともあるので、園子の行動力が羨ましいし、園子を見習わなきゃと思いますね。

園子にこのことを伝えたことがあるんです。

そしたら、「何も考えていないだけ」「バカなだけです」と言っていましたが、結果を出すのはまわりの目を気にせず、一直線に走れる人だけ。

別の言い方をすれば、どれだけバカになれるかなんです、結果を出せるか出せないかって。

その子が自分に対して言うバカは「愚か者」の意味かもですが、真のバカは「結果を出すのにもっとも近くにいる人」なんですよね。

悩む暇に行動する。

時間は平等だけど、必ず全員年を取り、そして、誰でも

今日という日が一番若い。

何もしないでぼけぇ~っとしていたらあっという間に時間が経っちゃいますしね。

これは社会人になった僕だから思うことかもしれませんが。

好きな人と出会って幸せそうな園子と彼氏の初初しい姿を(ラインの画像で)見ると、いいなあって思いますね。

素敵な男性と出会って、ディズニー行ったりタピオカ飲んだり。

出会いがないと不満げに相談してきた園子はどこへやら。

感動的なドラマや映画はありますが、身近な人(この場合はこれを書いている僕です)を感動させたり刺激したりするドラマって、実は現実の中にあるんですよね。

ドラマは現実の中にある

将来有望でイケメン男子と運命的な出会いを果たしたいけど、なかなか出会えない現実。

ドラマや映画の世界はどこに行ったの!

と嘆く女子大生は多いのです。

大学以外にもバイトでも出会いがありますが、出会いがある=彼氏ができるじゃないですからね。

出会いがないと嘆く暇があるなら、とりあえずでも、園子に奨めたアプリを使ってみるといいかもしれません。

園子を見ていて思ったのが、人が幸せを手に入れる時間ってあっという間だということ。

「え?もう会ったの?何?もう告白された??どういうこと???」

急展開過ぎてついていけない汗

僕が園子に奨めた出会い系は今生きていて出会いがないと悩んでいる方に、男女問わずおすすめできる優秀なツールですね。

  • 出会い系は怖い
  • 出会い系は危険

というのはお母さんとかお父さんとか古い世代の話。

もちろん絶対に使ってはいけない危険な出会い系もあります。

それについては少し下で説明します。

もしも僕が今女子大生で、出会いがないと悩んでいて、イケメン男子と出会うなら、スマホで出会い系を使って、イケメン男子を探します。

実は出会い系ってとんでもないくらい人気なんですよ。

日本のカップルになった男女の5人に1人が出会い系を使っているという統計もあるんです。

40人の学級だと、8名は使っているんですね。

また、出会い系最先端のアメリカでは結婚したカップルのうち3組に1組が出会い系で出会ったという統計もすでに出ているんです。

日本は米国よりも若干タイムラグがあって(アメリカの)流行が来ますが、出会い系においては日本にもすでに波が来ていますね。

特に、女子大学生や女性の場合、出会い系を無料で使うことができます。

なぜ無料なの?

実は出会い系にも2つあって、完全無料の出会い系と、女性無料男性有料の出会い系があります。

完全無料の出会い系は、女性も怪しがって使わないため、女性が登録しません。

女性が集まらないとサイトを運営できないので、サイト側がサクラを用意することがあります。

完全無料で出会いたい男性はとにかく何でも無料で済まそうというセコい男子が多いので、サクラでも集まってしまうんですね。

女性が使う場合、完全無料の出会い系は絶対におすすめできません。

女性が使うのなら、女性無料男性有料の出会い系がいいですね。

女性は無料で使えますが、男性がサイト運営費を賄っているので、サイト自体も安定しますし、何より、有料でも女性と出会いたい男性のほうが無料で出会いたいセコい登録者よりも質が高いのが魅力です。

有料で出会いたい男性は女性と出会いたい思いも本気ですから真剣ですしね。

園子が、園子のことを好きになった男性と出会ったのは

園子が、園子のことを好きになった男性と出会ったのは、ペアーズというアプリです。

まだ学生だから結婚までは考えていないけど、いい加減じゃなく出会いに真剣な人と出会いたい女子大生にはおすすめできます。

私を好きになってくれる男性と出会いたい(R18)

僕もあと10歳若ければ、使ってみたかったですね…。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする